平成30年産 プレミアム米・こだわり米、他 予約申込みのご案内

今年も夏の暑さに負けずすくすくと育ちました。
稲穂も頑張っていました。

2018.秋

 
今年は、春先は涼しく、降雨が少ないままに梅雨明けを迎え、玉ねぎ、じゃがいも、生姜が不作となりました。 その後は雨が降らず酷暑となりました。田んぼへの水は確保出来たのでお米の出来はまずまずの予定です。 さて、今年もこだわりの農産物の予約申込みを承ります。
また、今年度より宅急便の運賃値上がりがあり、遠方のお客様には値上がりするところもあります。 大変申し訳ございませんが、宜しくお願いいたします。
 

 

自然相手の農業だから

 環境に優しく、負荷をかけない栽培方法で、無農薬、有機肥料で稲や野菜を育てています。
化学肥料や農薬を使わないと、収穫量は少なく野菜は形が揃わなくなりますがとても美味しくなります。
そして大事な事は、土も一緒に育てて行くこと。
土の中の微生物も活発に働いて、稲や野菜に活力を与えてくれます。 

NEWS

ビュー福島潟を望む稲穂。

2017.9.31

新潟市北区(旧豊栄市)にある福島潟。その福島潟にあるビュー福島潟を望む所に本間農園の田んぼがあります。加治川水系の水量豊かな山の恵みで、今年も良い米が育ちました。
炊いて美味しく、冷めても美味しさが変わらない本間農園の米をお溜めし下さい。


新潟県フリーマガジン「DEN」に紹介されました。

 

新潟県のフリーマガジン「DEN」2007年創刊号
「ドキュメンタリー新にいがたびと」に紹介されました。
 

〒950-3313 新潟県新潟市北区太田3718
新潟県有機農産物協同センター生産農家

百姓 本間 芳秋

TEL 025-387-4061